So-net無料ブログ作成
ジャパンホースサークル ブログトップ

ジャパンホースサークル 登録した覚えはなし..... [ジャパンホースサークル]

なんかメールが着てた。

いきなりこんにちは!?

えっと、ジャパンホースサークルって登録したかな。

もしかしたらしてたような、してないような?? 

 

こんにちは。
株式会社ジャパンホースサークルです。

当社ジャパンホースサークルには、塩崎利雄、加賀武見、大西美昭など、
競馬に関して「プロ」と呼べる人物が集結していますが、その中で、加賀武見と言えば、

昭和30年に騎手見習いとなり、昭和35年に騎手免許を取得。
3月5日にデビューすると、当時の新人最多勝記録を樹立。
その後は、度々に渡り全国リーディングのタイトルを手にし、ダービーや有馬記念などの大レースを数多く制して、その実力を如何なく発揮。
通算1352勝を挙げた名ジョッキーであり、また、騎手引退後は調教師としても活躍するという豊富なキャリアと、長年のキャリアの中で培った豊富な人脈を持つ人物です。

それでは今回は、その加賀武見が先週の「アルゼンチン共和国杯(GII)」と
「みやこS(GIII)」と「アルテミスS(新設重賞)」を振り返りましたので、
その内容をご紹介します。

=========

アルゼンチン共和国杯(GII)

ルルーシュ(2番人気1着)
馬体重が16キロ減ってはいましたが、これは絞れたもので体がスッキリして走りやすい体つきになっていたのが良かったと思います。それに、好位にサッと付けてうまく流れに乗って競馬ができていたのも大きいです。長丁場のお手本のような乗り方で、この馬を手の内に入れている横山君の好騎乗です。まだ4歳で、これからもっと良くなるはずですから、来年が楽しみな1頭ですね。

このような競馬の情報が書かれています。

ジャパンホースサークルについて何か知っている人がいたら、コメントで教えてください。 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:仕事
ジャパンホースサークル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。